買い物リスト

 

 

 

 

網膜剥離の前兆としては、一番多いのが「飛蚊症」で、その他、視野欠損などがあるようです。

 

 

 

 

 

視野欠損というのは、たとえば右下の一部分だけ幕が掛かったようになって見えない、といった症状です。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの場合は「飛蚊症」が前兆でした。

 

 

 

 

 

黒い点が視野全面を覆い、最も症状が進んだときには、昼間なのに夕方のように暗く見えました。それほど黒い点が群れになって視野全体を覆い尽くしたのです。

 

 

 

 

 

これは「裂孔」といって、網膜に穴が空き、その穴から血液が硝子体(眼球)の方に漏れ出した結果です。つまり、血液の模様だったのです、黒い点は。

 

 

 

 

 

わたしの場合は黒い点でしたが、人によっては虫のようであったり、その他いろんな形があるようです。

 

 

 

 

 

このような「飛蚊症」はとても危険であり、すぐに眼科を受診しなければいけない症状です(わたしは遅れたから、本格的な網膜剥離に進行してしまいました)。

 

 

 

 

 

 

 

ネットで「網膜剥離」を検索していると、「飛蚊症はこれといった治療法が無く、様子を見るしかない」といった意味の記述があちこちにあります。

 

 

 

 

 

けれども、わたしが経験したような「飛蚊症」は、軽く見てはいけないんです。

 

 

 

 

 

「飛蚊症」といっても、白っぽい糸くずのようなものとか、あるいは、別の形なんだけどとにかく模様があって、色は白っぽい感じ・・・こういうのは、厳密には「飛蚊症」ではなく、単なる硝子体(眼球)内のジェルが濁っているだけだと思います。

 

 

 

 

 

ジェルの濁りは、加齢と共に進行するようですが、若い人であっても、よく見れば、誰にだって多少の濁りはあって、背景によっては、いろんな形の模様が視界のあちこちを浮遊しているものです。それが普通なんです!

 

 

 

だから、こういう白っぽい模様を「飛蚊症」と呼ぶのであれば、それなら、確かに、「治療法が無く、様子を見るしかない」という記述でいいでしょう。

 

 

 

 

 

けれども、形はどうあれ、「黒色」とか「灰色」のような<色素>を感じさせる点や模様が、視界のあちこちに浮遊している場合、これは正真正銘の「飛蚊症」であり、放置してはいけない状態だと思います(<色素>とは、言うまでもなく、血液の影です)。

 

 

 

 

 

     ========

 

 

 

 

 

 

 

さて、「飛蚊症」でもう一つ注意すべきことがあります。

 

 

 

 

 

人間には眼が2つあって、それぞれ補い合って機能しています。そのため、たとえば、右目に「飛蚊症」の症状が現れていても、最初のうちは、まるで両目に模様が現れたように錯覚することがあります。

 

 

 

 

 

そして、その際、左目の方は正常だから、右目の「飛蚊症」は、実際より薄められた症状として自覚されるのです。

 

 

 

 

 

だから、ものの見え方に何か違和感を感じたら、視力検査をするときのように、左と右を交互に、つまり、片目で見るようにしてください。

 

 

 

 

 

わたしがなぜこんな注意書きを付記するかというと、上の例以外にも、こんなことがあるからです。

 

 

 

 

 

たとえば、右目の右下に視野欠損があったとします。そこだけ黒い幕が掛かって見えないのです。右目の視界の5分の1ほど。

 

 

 

 

 

ところが、上記のように、人間は左右の眼で補い合ってものを見るので、「ああ、何だか、最近、眼がしょぼしょぼしているな。何となくものがぼやけて見えるよ。このところ残業続きだったから、疲れているんだろうな」なんてことで自分を納得させてしまうのです。

 

 

 

 

 

要するに「発見」が遅れてしまうのです。

 

 

 

 

 

こんな時、右目を閉じて左目で見、つぎに、左目を閉じて右目で見る・・・これをするだけで、異常に気づくのです!

 

 

 

 

 

みなさん、どうか、このことを頭に入れておいてくださいね。

 

 

 

【PR】
飛蚊症を改善する!飛蚊症改善プログラム「クリーンアップ★アイ」

続きを読む≫ 2013/07/02 21:15:02

 

 

 

医療保険(入院保険)は神様!入院で知ったありがたみ。

 

 

 

わたしは主婦ですが、自宅で仕事もしています。ネットを利用したお仕事です。

 

 

 

 

 

夫の収入があるとは言え、普段、二人分の収入がある以上、それに応じた消費生活を送っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

だから、今度の入院でわたしの収入が当てにならないとなると、お金の心配がどうしても出てくるんですね(入院するということは、入院期間の前後も仕事ができませんから、12日間という入院期間だけの問題ではなくなるのです)。

 

 

 

 

 

そんな状況で、わが家の家計にサッと光を射してくれたのが、他でもない医療保険(入院保険)だったのです。

 

 

 

 

 

わたしは2本加入していました(がん保険も含めると、3本)。

 

 

 

 

 

「加入していました」なんてヘンな表現ですが、フッと思い出したんです。「そうだ、入ってたんだ!」って。

 

 

 

 

 

入院期間12日間。手術2回(網膜剥離とそのついでにやった白内障の手術の2回)。

 

 

 

 

 

手術給付金が2本の合計で405,000円。入院給付金が2本の合計で145,000円。総合計550,000円でした。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、上の「手術給付金」の額を見てください!・・・・・・・それにくらべて、「入院給付金」の少ない額もご覧ください!

 

 

 

 

 

つくづく思い知ったのは、よほど長期の入院でもしない限り、「入院給付金」の日額なんて、あまり意味がないと言うことでした。

 

 

 

 

 

いまはがんの入院でも1ヶ月以内に退院するケースがほとんどですからね。そうなると、入院1日10,000円であっても30万円に届かないんですよ。

 

 

 

 

 

いかに「手術給付金」がものを言っているか、ということです。

 

 

 

 

 

ですから、がん保険なんかも、がんと認定されたら100万円とか200万円が即支払われる「がん認定給付金」というのが超重要だということです。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、医療保険(入院保険)って、ダブル・トリプルで入ってくださいね。そういう人がたくさんいるそうですよ。

 

 

 

1本では不足です。貯金なんて当てになりませんよ。他に使っちゃいますからね。

 

 

 

 

 

医療保険(入院保険)は神様なんです!!

 

 

 

続きを読む≫ 2013/07/02 12:37:02

網膜剥離の手術費用のこと。

 

 

 

網膜剥離の手術をすると、ほぼ例外なく「白内障」の進行が早まるそうです。

 

 

 

 

 

そのため、まだ年齢の若い人はともかく、わたしくらいの年齢より上の場合は、網膜剥離の手術といっしょに白内障の手術もやってしまうようです。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの場合も、まさにこれ。右目の網膜剥離の手術の「ついでに」、右目の白内障の手術も行いました。白内障の手術とは何かというと、眼のレンズ部分を人工のレンズに取り替える処置です。そうすれば、後々レンズ部分が白く濁る(つまり白内障になる)心配が無くなるわけです。

 

 

 

 

 

さて、そういう事情のため、わたしの網膜剥離の手術費用は、白内障の手術費用を合わせたものとなります(とはいえ、白内障の手術をしなかったとしても、たいして額は変わらないと思いますが)。

 

 

 

 

 

12日間の入院諸費用と合わせた総額は、90万円ほどでした。

 

 

 

 

 

あなたが健康保険に加入していなかったら、90万円丸々自腹で支払うことになります。

 

 

 

 

 

わたしの場合は国民健康保険に加入しているので、3割負担となり、27万円がわたしの支払額となります。

 

 

 

 

 

 

 

けれども、みなさんご存知の通り、「高額療養費補助制度」というのがありますから、わたしの場合は、81,000円だけ実際に窓口で支払い、これを超える部分は自治体の健康保険組合が後日病院に支払ってくれました(たぶん。だって、支払うところを実際に見てないから)。

 

 

 

 

 

なお、「高額療養費補助制度」は、以前は、いったん自己負担分(今回のわたしの場合は27万円)を病院の窓口で支払い、後日、申請を受けて、自治体からわたしの口座に差額分を入金する、という方法だったようです。

 

 

 

 

 

現在でもその方法は残っているようですが、様々な批判を受けて、あらかじめ自治体に申請してカードを発行してもらえるようになっています。

 

 

 

 

 

退院の際、病院の窓口にこのカードを提出することで、27万円ではなく、81,000円支払えばOK ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

わたしは委任状みたいなものを書いて、夫にこのカードを発行してもらいました。有効期限が半年ほどのカードでした。

 

 

 

 

 

なお、上記入院諸費用には「差額ベッド代」は含まれません。また、食事代も別です。

 

 

 

 

 

したがって、本当の意味の<総額>は、上記81,000円に差額ベッド代と食事代を加えた金額になります。わたしの場合、+2万円〜3万円だったと思います。

 

 

 

<※>入院の際の病院側からの説明で、状況により何日か「個室」に入ってもらうこともある、と言われていましたが、結局、12日間すべて4人部屋でした。したがって、+2万円から3万円はほとんどが食事代です。パジャマ代とタオル代なんかも含まれていたかもしれません(いい加減でごめんなさい。おおざっぱな性格なもので)。

続きを読む≫ 2013/07/02 11:24:02

網膜剥離はレーザー治療が主流のようです。

 

わたしの網膜剥離の手術では、まず眼球(硝子体)のゼリー状水分を抜き取り、その後、剥がれた網膜をレーザー照射で接着させました。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの場合、眼の最重要部位である黄斑(焦点を結ぶ場所)のところまで剥離がありました。だから、レーザーで接着した後、ガスを入れ、12日間入院する必要があったのです。

 

 

 

 

 

この時入れたガスは、いったんレーザーで接着した網膜がまた剥がれてしまわないように、ガスの膨張する力を利用して網膜を壁にくっついたままにするためのものです。

 

 

 

 

 

ガスは時間が経つと自然に消えていきます。ガスが消えるにつれて、本来あったゼリー状の水分が眼球に戻ってきます。そして、これには10日から2週間かかるのです。

 

 

 

 

 

完全にガスが抜けるまでの間、当然、視界はぼやけています。ただぼやけるだけなら、退院して自宅療養することも可能ですが、やっかいなことに、このガスは、常時レーザーで接着した部分を覆っている必要があります。

 

 

 

 

 

接着部分にガスの圧がかかっていないと、また剥がれてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

このため、ベッドで寝る時に姿勢を固定しなければならないのです。わたしの場合は、左を下にした横向きの姿勢でした。

 

 

 

 

 

網膜剥離の手術では、むしろ、この姿勢は楽な部類だそうです。多くの人は、うつ向きの姿勢で眠らないといけないそうです(かわいそう)。

 

 

 

 

 

さて、網膜剥離の症状が比較的軽い場合、たとえば、視界の一部(右下とか左横とか)だけに幕が掛かったような状態では、日帰りのレーザー治療で治ってしまうそうです。

 

 

 

 

 

わたしの同室の人は、2度目の入院でしたが、1度目の後、軽度の症状の時に、日帰りのレーザー治療をしたそうです。

 

 

 

 

 

いずれにしても、同室のこの方もそうですが、網膜剥離は左目がなったら、つぎに右目、右目がなったら、次は左目・・・というように、続くことがしばしばあるようです。

続きを読む≫ 2013/07/01 21:48:01

網膜剥離の原因と予防

 

何か理不尽な状況に陥るとカフカの小説みたいだと言うことがありますが、網膜剥離で入院中、わたしもそんなプチカフカ状態になったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

それは、執刀してくれた先生も、看護師さんも、誰一人として網膜剥離の「原因」に関心がない様子だったからです。

 

 

 

 

 

わたしは難しい専門的な「原因」を知りたかったんじゃありません。

 

 

 

 

 

たとえば、がんの人なら「できるだけストレスをためない生活をするように」と言われたり、子宮筋腫の人なら「冷えは大敵ですからね。特に下半身を冷やさないように」などと言われるでしょう。

 

 

 

 

 

それと同じように、網膜が剥がれてしまったわたしも、生活のどういうところが悪かったから剥がれてしまったのか、おおざっぱでいいから、教えてもらいたかっただけなんです。

 

 

 

 

 

「原因」を知りたいのは、後悔にふけるためではなくて、どういう生活をしたら再発を「予防」することができるのか、これからの生活の注意点を確認したいからなんです。

 

 

 

 

 

 

 

わたし、病室で看護師さんに訊いたんです。「網膜剥離の原因は何ですか?」って。看護師さん、何でそんなこと訊くのかっていう顔を一瞬浮かべてから、仕方なく答えてくれました。

 

 

 

 

 

それによると、低体重児で生まれた人がなりやすいのでは・・・とか、若い人も年配の人も同じように手術を受けられますよ・・・とか、まあ、何だかよくわからない様子でした。

 

 

 

 

 

というか、関心がない感じ。

 

 

 

 

 

先生はもっと興味がない様子だったので、なんとなく気後れしてしまって、何も訊けませんでした(ただ、先生はいいんです。無事手術を成功していただいたんですから。大いに感謝しています)。

 

 

 

 

 

 

 

わたしが入院していたのは医学部付属病院なので、学生さんたちが利用する売店で『目で見る眼疾患』(文光堂/5,000円)という本を買い、網膜剥離のページを読みました。

 

 

 

 

 

そしたら、さらにプチカフカ状態が深まってしまいました。

 

 

 

 

 

この本によると、網膜剥離の原因は、主に2つあって、「後部硝子体剥離がなく萎縮性の円孔に起因する扁平な網膜剥離」の場合と、「後部硝子体剥離に伴う弁状裂孔に起因する胞状の網膜剥離」の場合、この2つだそうです。

 

 

 

 

 

「だから、その2例の原因が起こるのは何が<原因>なんですか?他の人は剥がれないのに、どうしてわたしだけ剥がれたんですか?遺伝によるものですか?それとも、わたしの生活習慣で特に目に悪いことをしていたからですか?」・・・・・・・・わたしが知りたい「原因」はこういうことです。みなさん、そうですよね?わたしヘンじゃないですよね?

続きを読む≫ 2013/07/01 20:35:01

網膜剥離の症状・初期症状ですが、わたしの場合は飛蚊症。

 

 

 

網膜剥離の手術のことを書きましたが(→「網膜剥離の手術しました」)、症状、とくに初期症状は、やはり、「飛蚊症」でした。

 

 

 

 

 

 

 

「やはり」というのは、専門書にも、網膜剥離で一番多い初期症状として「飛蚊症」が挙げられているからです。

 

 

 

 

 

わたし、医学部付属病院に入院中に、医大生が利用する構内の売店で、目の専門書を買ったんです。

 

 

 

 

 

さて、わたしに起こった飛蚊症は、丸くて黒い点が右目の視界全面に散りばめられる、というものでした。

 

 

 

 

 

これと同じ飛蚊症の症状が、ほぼその1年前にも起こっていました。ただ、1年前には、市販の目薬を頻繁にさしていたら、1,2週間で治ってしまったんです。

 

 

 

 

 

わたしは、「今回も同じでしょ」と軽い気持ちでいました。

 

 

 

 

 

けれども、今回はよくならなかったんです。いくら目薬を浴びるほどさしても、日に日に悪くなる一方で、近くの眼科を受診する直前には、右目の5分の4くらいが黒いマスクで覆われてしまったのです。

 

 

 

 

 

もはや黒い点の集まりではなく、黒い膜です。この時すでに、目の中心である黄斑部分まで網膜が剥がれてしまったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

最初に飛蚊症の症状が出たのが12月30日で、眼科を受診したのが翌1月15日頃です。

 

 

 

 

 

わたしの場合、前回の飛蚊症が目薬で治ってしまったことが、今回、悪い結果を招いてしまったようです。

 

 

 

 

 

もっと早くに眼科を受診していれば、レーザー治療で収まっていたかもしれません(レーザー治療は通院でOK)。

 

 

 

 

 

手術をしてから5ヶ月経ちますが、心の中で、わたしはいつも泣いてます。

続きを読む≫ 2013/07/01 13:34:01

網膜剥離の手術と術後。

 

 

 

実は、わたし、網膜剥離の手術をしたんです。

 

 

 

 

 

 

 

ごく最近(2013年1月)のことです。

 

 

 

 

 

 

 

地元の病院である山梨大学医学部付属病院です。

 

 

 

 

 

入院は12日間。

 

 

 

 

 

 

 

網膜剥離って、ボクサーみたいに、外からの力で網膜がはがれてしまうもの、つまり「ケガ」だと思っていました。

 

 

 

 

 

それなのに、なんでわたしが・・・って手術が終わった今でも恨みに思ったりしています。

 

 

 

 

 

   =======

 

 

 

 

 

わたしの場合、右目に飛蚊症がでて、それが短期間のうちに悪化して、とうとう右目の5分の4くらいに黒い膜がかかったようになったんです(つまり、ほとんど見えない状態)。

 

 

 

 

 

近くの眼科で診てもらったら、「紹介状を書くから、すぐに付属病院で手術してください」と言われました。

 

 

 

 

 

もう泣きそうでしたが、泣いている暇もないくらい急な展開で、あっという間に手術台の上にいたという感じです。

 

 

 

 

 

   =======

 

 

 

 

 

 

 

手術は無事終わりました。

 

 

 

 

 

ただ、わたしの場合、目の焦点を結ぶ大切な部分である「黄斑(おうはん)」のところまで剥がれていたので、以前の状態には戻りません。

 

 

 

 

 

わずかながらものが変形して見え、また、以前は1.2から1.5あった視力も、0.4から0.8くらいを行ったり来たりしている感じです(メガネをかけた状態の視力)。

 

 

 

 

 

   =======

 

 

 

 

 

先日人間ドック(レディースドック)へ行ったと書きましたが、やはり、網膜剥離の手術をしたことも、思い切って決断した要因のひとつでした。

 

 

 

 

 

手術は、目の2カ所に針を刺し、眼球の水を吸い取ってから、剥がれた網膜をレーザーで接着するというもの。

 

 

 

 

 

目の部分麻酔なので、先生とも話ができ、周りの助手の人たちが雑談しているのも聞こえました(ちょっとイラッとしましたが。何よ、こんな時に、って)。

 

 

 

 

 

   =======

 

 

 

 

 

手術は怖いに決まってますが、いざ手術するときには、「もう、何でもいいから、早く手術してください」という気持ちになっていました。

 

 

 

 

 

というのも、近くの眼科からはじまって、付属病院にいってからも、同じような検査を何度も何度もやるんですね。

 

 

 

 

 

正確な診断のための大事な行程なのでしょうが、何時間もそんなことばかりやらされていると、上記のように、「何でもいいから、早く治療を始めてください!」という気持ちになってきます。

 

 

 

 

 

ひょっとして、手術に対する恐怖心を取り除くために、わざと検査漬けにするのでしょうか?もしもそうなら、うまいやり方です。その通りの結果になっていますから。

続きを読む≫ 2013/07/01 11:07:01